大好きなことをのんびりと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
時間がなくて、あせってます@@


ちょっと手短になるやも知れませんが・・・・・




ミアネです・・。









王の密命をうけ、10年前の世子の死について調べることとなった4人
そこで王からユニは父が先代王のために命を落としたこと、


#17-1


そして、遺文となる暗号文を残していたことを知る・・・

#17-2


さっそく4人は過去の事件を探るべく、調査を開始する・・・
そんな中、ジェシンは一人、真実を知ることでユニが傷つくことを案じていた・・・




街に乗り出した、ヨンハとジェシンの前にインスが現れる
インスは紅壁書が落としたブレスレットを「ジェシンのものだ」と
父に訴えるものの「核心となる証拠ではない」と取り合ってもらえず
自らジェシンを捕らえるために乗り出したのだった

落としたブレスレットを突きつけられ、ジェシンに詰め寄るインス・・・


#17-3



しかし、そこはヨンハ!
ジェシンが落としたブレスレットと同じ(似たもの)をつけさせ
自分もまたそれをつけて「どこにでもあるものだ」とでもいうように
見せ付け、ジェシンの疑いを晴らした。
無事にインスから本物のブレスレットも奪い返し、
「(誰だと思ってんの?)ク・ヨンハだよ♪」とジェシンと二人
再び調査に繰り出さした。



一方、ユニは知らされた事実に不安(?)が募っていた

#17-4

そんなユニに寄り添うソンジュン・・・
ユニは再び力を得る。





尊経閣(チョンギョンガク・図書室)で資料を調べる二人
ユニが一冊の本を開くとそこにはソンジュンからのメッセージが・・・

ユニから「これ以上キスはしません」と言われたソンジュンがユニの心を解きほぐそうと
したものだった。
「高尚な人は(意思を)一貫しなければ」などなど
ユニは思わず顔がほころぶ。


#17-5

そして、最後のメッセージが入った本に手をかけようとした瞬間
ユニではない儒者がユニより先にその本をてにしてしまう


あわてたソンジュンは必死にその本を返してもらえるように頼み
何とかメッセージを守った・・・



そして、最後のメッセージは

「愛してる」

ユニとソンジュンは互いに微笑みあった





ヨンハは謎を解き明かすため手を尽くしていた

#17-6


元々両班の家柄ではないヨンハ
そんなヨンハに両班の両家の娘との縁談を持ってきた父・・・
すべてが金と権力によってきまってしまう
そんな世の中が変わることをヨンハは望んでいた




また、ジェシンは父の書斎に入り込み資料を探していた
ノロンによって殺害された(?)兄の死後も
ノロンに仕えてきた父を非難してきたジェシン・・・
しかし、ジェシンが目にしたものは

#17-7


兄の死の事実やノロンの詳細な動きなどを記した文章・・・
ジェシンは自分が今まで父にしてきた言動を思い返し心を痛める




そのころ、成均館の寮では、ソンジュとユニが資料を漁っていた

しかし、ソンジュンはどこか上の空・・・
ユニに触れたくて仕方ない。
うまくユニの手をつかむ事ができないソンジュンに
ユニがそっと手を伸ばす


#17-8


そんな光景を見て(感じて?)しまったジェシンは一人孤独を感じる・・・

幸せいっぱいの二人だが、ソンジュンはある記述から違和感を感じていた。





手を取りながらそのまま眠ってしまった二人

#17-10

ソンジュンはユニを見つめ、頬をなでる。
そして、昨晩感じた違和感をジェシンにたずねにいく


#17-11

兄の死、そしてユニの父の死にノロンがかかわっている事を知っているジェシンは
ユニが心配でならなかった





尊経閣(チョンギョンガク・図書室)で資料が見つからない(こじつけ?)
ということで二人で街に出かけるソンジュンとユニ

つかの間のデートのような時をすごす。

ソンジュから「用があるから、先に本屋に行くように」といわれたユニは
そこでヒョウンと出くわしてしまう



#17-12

心配そうにソンジュンの様子を聞くヒョウンに心が締め付けられるユニ・・・



一方、ソンジュンはユニへの贈り物を買っていた

#17-13


買い物を済ませ、本屋に来たソンジュンが目にしたのは
ヒョウンとユニ・・・

#17-14



「もう一度私を見てほしい」涙ながらにソンジュンに訴えるヒョウンをみて
ユニは思わず「お二人で話してください」とその場を去ろうとする・・・


そんなユニの手をつかみ
「私の心はもう他の人に捧げてしまったんです。すみません」と本屋を後にする




「なぜ、あの場からさろうとした?」と怒るソンジュンに
ユニは
「(ソンジュンとの)将来など考えられない、いまで十分に幸せだから・・」
とソンジュンとの未来を考えないような発言に
ソンジュンは

#17-15

「今からでいい、真剣に考えてほしい」とユニに
二人の将来を考えてほしいと言う

ソンジュンからの言葉にソンジュンを見つめるユニ
そして、ユニを見るめるソンジュン


キスをしようと顔を近づけるが帽子のツバが邪魔になりキスすることができない。
思わずおかしくなった二人は顔を見合わせ笑いあい
「先輩たちが待っているから、かえろう!」
と手をつないで岐路につく




秘密基地への手動エレベータ
調子の悪さで大きく揺れた調子に抱き合う二人


そして、ソンジュンは
「毎日毎日、一緒にいよう」
と指輪をユニの指につけ、今度は邪魔されないように
帽子をはずしてキスをする

#17-16


最高に幸せな二人



そんな二人の耳に届いてきたジェシンとヨンハの会話・・・




「ユニの父の死にソロン、ソンジュンの父がかかわっている?」


薄々何かを感じ取っていたソンジュだが
改めて耳にした言葉とユニにそのことを知られてしまったことで
動揺する

ユニもまた、父の敵が愛するソンジュンの父であるかもしれないという
ことに動揺する・・・



やっとの思いで、幸せをつかみ出した二人の前に現れた
最大の難関・・・

信じてきた父を信じぬくのか、それとも刃を向けるのか・・・
父の敵の子かもしれないソンジュンを愛しぬくことができるのか・・・




どうなる!!!!


ってことで何とか
放送前に書き終えました@@


ってもう時間ない~









スポンサーサイト
2010.10.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piyopiyoyu.blog41.fc2.com/tb.php/377-37bc1b4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。