大好きなことをのんびりと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本日は予習もなしに見てしまう・・・

物語はだんだん予測と妄想ではわかりにくいとこまで来ております(*TーT)



先週、バレたの?
バレちゃったの?っとおもってたとこ・・・・

5-1.jpg

モロバレでしたーーーー


そりゃそうだよね・・・・体見りゃ一目瞭然だもんね・・・








さて、今日も言葉もわからないのに
やってみましょうか!←こんなのですから、信憑性はないですよ!!




先週医務室に担ぎ込まれたユンシクはヤギョン先生に
女であることを知られてしまう・・・



おそらくここで、先生から「成均館を去るべきだ」といわれたのでは?と・・・



ソンジュンとジェシンはインスにそれぞれ講義をする・・・
5-2.jpg


インスの父とソンジュンの父
互いの家柄同士の派閥の違いが引き金のようですね
ソンジュンへの嫌がらせの原因のひとつは・・・
ソンジュン自身になにかあるわけではない、過去からの因縁?のような
ものでしょうか・・・なんだか悲しいですね。。。きっとインスだって悪い子じゃないはずなんですよ・・・
って、おもうゆうは相当なおバカでしょうか・・・


おそらくここでソンジュン・ユンシクとインスは大射礼(弓道大会)で
対決のようなことをすることになったのではなかろうかと予測




そして、ユンシクのことを知ってしまったヤギョン先生はもうひとつの事実を確信・・・
ユンシ・・・ユニの父親が成均館でともに学んだ友であることを・・


5-3.jpg

ヤンギョンは幼きころ出会ったユニが父親がユンシクに教える詩文を
凍える廊下で必死に書き写す姿を思い出し、
昔から勉学への才能と努力のあった子供だったと回想する・・・
しかし、ここは女人禁制の成均館・・・どうするべきかと宿舎の部屋のまえにたたずむ




翌日からソンジュンによるユンシクへの特訓が始まる


5-4.jpg

経験もなく、小柄で、力のないユンシクに矢を射る以前に
矢を引くことすらままならない・・・
何度も何度も弓を引くが、うまくできず、指を痛めるユンシクに気がつきながらも
ソンジュンは「もう一度」「もう一度」と繰り返す・・・



成均館の構内はすっかり大射礼の準備で大忙しとなる・・・
ってちょっとコメディタッチな先生が一人で張り切ってるんですがね^^;

5-5.jpg

王の接待役を決めるために、キーセンの審査を行うチェ・シンムク大司成の前に
チョソンが「成均館のお手伝いに・・・」と現れる


すっかりチョソンはユンシクに恋する乙女のようになってますが・・・
衣を新調したり、装飾品や化粧品を選ぶ姿は恋する乙女であの妖艶なチョソンがかわいく見える^^




成均館の生徒であることをあきらめなくてはいけないのか・・・という葛藤や
うまくいかない苛立ちもかさなってユンシクはソンジュンと言い争い
練習場をでていこうとする・・・
ユンシクを追いかけるソンジュンの上から木材が・・・


5-6.jpg

ヤンギョン先生からは「大射礼はムリだろう」といわれるソンジュン





しかし、ソンジュンは周りの制止も聞かずに
利き腕ではない腕での練習を始める・・・



5-7.jpg


これも最初は弓すら引けない状態だったのに
いつ何時も努力を怠らず練習するソンジュンは徐々に命中率をあげる・・・





木の上で寝ているジェシンの下でソンジュンの話をしだす生徒たち
ソンジュンの怪我が事故によるものではなく、故意に起こされた事故と聞いたジェシンは
その生徒に詰め寄る・・・


5-8.jpg


ジェシンはソンジュンと対立する派閥を支持し、ソンジュンを毛嫌いしながらも
卑劣な手段には納得できないみたいですね・・・
曲がったことや、不正を許せない正義感・・・
この二人すごく似てるとおもうんですけど・・・・



大射礼の練習はせずに、本を読むことに逃げているようなユニのところに
同級生たちが駆け寄り練習場に連れて行く・・・

そこには雨に打たれながらも矢を射続けるソンジュンの姿があった・・・


5-9.jpg


何もせずにあきらめたくないソンジュンは逃げているユンシクに
言葉を投げて、練習場を後にする・・・
そして、そこに現れたジェシンは矢を引きための指を保護・補助する
手作りの道具を渡し、こうやって射るんだ と教える・・・

そして、ユンシクの目線の先の的には、ほぼ中心を射ている何本もの矢が・・・




矢を見たユンシクは走り出す・・・

5-10.jpg

ユンシクはヤンギョン先生に
やれるだけやりたい・・と懇願する・・・・





て感じに見えました!!!!
勘ですけどね・・・・



明日はなんだかLOVE模様が見えそうです!





だって・・・・

120341_l.jpg

ユンシク(ユニ)が弓矢の訓練の一環として木に腕を縛ったままうとうと居眠りしており、ソンジュンは疲れた彼(女)がもたれて休めるようにそっと肩をさし出してあげている。
だって・・・・

この時点でソンジュンはユンシクを男の子と思ってますから・・・・
この視線は・・・・
熱いまなざしは・・・・
き、きけんですよぉーーーーっ!




ってことっで明日も見ねばなるまい・・・・




スポンサーサイト
2010.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piyopiyoyu.blog41.fc2.com/tb.php/297-cf53d10b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。