大好きなことをのんびりと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
21:30からスタンバイして
待つこと25分・・・






ニュースやってますよ・・・・







こんなもんすっ(笑)





59分まで待ってもニュースなもんで
心配になってHPに時間を確認に






いった瞬間はじまる・・・・・どんだけ・・・・(泣)














さ!そんなドタバタ劇はいつものことですから
いきますか!




勝手に解釈!!!
まったく聞き取れなけりゃ、わからないのに
予測と妄想で解釈してみよう!←こんなもんですので間違ってます!(笑)




はい!ユチョンですよ!!!

#1-3


やわらかいイメージのユチョではなく
ほんとに堅物な、融通のきかなそうな真面目オーラ全開です



父を幼くして亡くし、病弱な弟の薬代を稼ぐために男装をして
貸し本屋さんで働くユンヒ
母にバレないように、男装の姿は家に着く前に着替えてる模様



#1-5


やっぱりかわいらしいなぁ~
男装のユンヒも幼い少年のようでかわいいけど・・・




ユンヒが家に帰ると、役人が厳しく母に詰め寄っている模様
借金でもあるんでしょうか?

#1-6


横暴ともいえる役人にもひるむことなく
にらみ、言い返すユンヒ
男性も顔負けの負けん気


かわいくも凛々しいユンヒかわいいですね~!



ユンヒは生活費のためにも、貸し本屋さんの「裏」のお仕事を
手伝うことになったようで
「成均館」の試験会場にもぐりこむ。
「裏」お仕事はどうやら「カンペ」屋さんのようで
お店の主人から渡された似顔絵を頼りに、依頼主に近づく


#1-7




ユンヒがソンジュンの前にいって品物を渡そうとする
ソンジュンは身に覚えがないので、さっぱり意味がわからず
周りを見渡す・・・すると


#1-8







あちらこちらで取引が行われているのを目の当たりにし
ソンジュンは「最高教育機関である成均館」で不正が行われていることが許せない・・・
ついに「ここに科挙を乱すものが!」っと声を上げる・・・


#1-9




ユンヒはソンジュンが依頼者ではなく、その隣に人が依頼者だったことに気がつき、騒ぎにまぎれて逃る・・・





試験を取り締まる役人が「不正なんてあるわけないだろう!」とでもいうように
ソンジュンをせめる・・・


#1-10


が「名前は?」と聞かれ「イ・ソンジュンです」という名前を聞いた瞬間
必殺の手のひら返し・・・・




このことでソンジュンのお父さんが権力者であるのがわかりますね~
しかし、この王道ともいえる手のひら返し・・・・嫌いじゃないです♪




不正をしていたものを排除し、無事再開された試験
ソンジュンは周りを圧倒する早さで仕上げ、試験官に提出する。
しかし、試験官に「その衣は?」(みたいに)聞かれて服の裾を見ると
そこには、「科挙を乱すもの」が書いたと思われる詩文・・・
試験会場で、恥をかくことになってしまった・・・
席に戻ると、隣の受験者が懲りもせず、外からの紙を受け取り不正を・・・
ピンときた、ソンジュンはその紙の糸をたどって
ユンヒを追い詰める


#1-12






街中を追いかけっこしたものの、ソンジュンはユンヒを見つけることができなかった

#1-13






ある日、ユンヒはお役所に取り立ての厳しさ?を、全財産を差し出して訴えるが
却下されてしまう・・・・全財産を持って家路に帰る途中
取立てに来る下っ端の役人の一味に囲まれる



#1-14





「もうダメか?」と思った瞬間
軒先からリンゴが飛んできて、悪いヤツに命中
あっというまに数人の悪者を倒して立ち去っていった


#1-15



ジェシン!!カッコイイ
こういう感じスキっす!!!







使用人にユンヒの似顔絵を持たせ、探させるがなかなか見つけることができない
庭先でそんなやり取りをしているところを父にみつかり
部屋に来るようにいわれる・・・



#1-16







#1-17


父から試験での出来事を問われ(たかな?)



プライドを傷つけられたソンジュンは、自ら似顔絵を持って日々探し始める・・・












ユンヒを探し回るソンジュンの様子や、ユンヒと貸し本屋さんのやり取りを見ていた
ヨンハは何かを企んでる?ユンヒの似顔絵を見せてソンジュンに何か持ちかけた?・・・

のかな・・・

#1-18



ってか、ユンヒは失敗したのに、貸し本屋さんに報酬をもらいにいって
追い返されそうになると、「バラしますよ」とでもいわんばかりに
脅す、という荒業を・・・
こりゃ「最強の生活力」ですね(笑)
ヨンハはなんだか、ユンヒのことも、ソンジュンのことも気にしてて
なんか友好的なのかとおもったのに・・・





ユンヒは届け物を頼まれ夜道を急ぐ、小屋にはいり暗号(?)を言い
品物を渡そうとすると、その手をつかまれる
振り返るとそこには、ソンジュン!
あわてて逃げ出すユンヒ、追いかけるソンジュン
すると、そこに役人が・・・
(なんの取り締まり?さっぱりわからん・・・)






追われる2人は岩陰に身を隠す・・・

#1-19




ヌォ、グァーーーーーー!!!





終わりのこのシーンですべての記憶が吹っ飛びそうでした・・・・チーン・・・・








しかし、史劇はやっぱりなに言ってるか
さっぱりわかりませんね・・・
現代劇でさえ単語しか聞き取れないのに・・・
って、史劇のせいにしてみる・・・・あはっ♪


その他にも、ソンジュンにライバル心むき出しの両班?や
キーセンにしてはなにかキレもの感満載な美しい人など・・・・
気になること満載・・・・
言葉って・・・・はぁ・・・






さて、明日もがんばりましょう・・・・
明日みて、今日の自分の解釈が間違っていることに気がつく・・・
なんてことはザラ・・・・



なんで、皆さんも、アホの寝言くらいにしておいてください!
信じちゃダメだぉ~←逃げ口上・・・・(笑)





最後に凛々しいユチョンを・・・

#1-11


スポンサーサイト
2010.08.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piyopiyoyu.blog41.fc2.com/tb.php/279-3a74e0eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。