大好きなことをのんびりと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さ、予想外の近さに大興奮!!

開演前にすでに、息も絶えそうな勢いの2人(ゆうだけ?)



セットリストなどは書きませんね~
もう、知ってると思うので^^


バン


と暗転になり、場内のボルテージも、最高潮!!!




それぞれのコメントにも
最初の方が聞きとれないほど
ちゃんとききたかったけど、コレ3人を待ち望んでいた
愛の深さなんだな。。。。っとまた、ちょっとウルっ・・・

ジュンちゃんの「自分から歌をとったら生きていけないかもしれない・・・」
ジェジュンの「ファンの笑顔がみたくて・・・」
ユチョンの「しりたいんすよ、愛を。ファンも、僕も・・・」



極めてテンっぱって記憶は曖昧です。。。。もともとアホですしね。。。ゆう@@

もう、この時点で、周りからはすすり泣く声が
聞こえました。



待ってたんですよね
いろいろ、複雑で、ホミンペンの方なんてきっと
なんで二人のVは流れないのか?っと思ったかもしれない・・・



ただ、彼らはいろんなことを言われるのはおおよそ
覚悟の上でこのLIVEをやると決めたんだと思うんです・・・
よくも悪くも言われるのは、きっと覚悟の上・・・
でも、言われることより、伝えたかった
自分たちの想いや歌や、笑顔



もう、ゆうはこのコメントだけで、
いろんなゴチャゴチャした思いは吹き飛びました。






コメントが終わり再び暗転。

キムさんとゆうの席は、ステージにむかって左手
メンバー的にはジュンス側です。



そして、いよいよ3人の登場!!!!!



スポットライトが3方に当たる・・・
花道の3箇所!





ゆうは必死にユチョンを探します・・・
ゆうのすぐ真横の花道は、ステージからいってもきっとジュンちゃんだろう!
だから、じぶんから一番遠い花道を「あっち?あっちなの?」と必死に探しました。
でも、見えるわけもなく・・・・諦めてもう一回横を見れば・・・・・



グフッ



ユチョーーーーーーーーーーーン!!!!!

ゆう:「キムさん、ゆ、ユチョンがいる!」






きっとこのとき、キムさんはゆうに「ユチョンだよ!」って言ってくれてたかも・・・
まったく記憶もない・・・必死に向うの花道(ジュンスの方)を探していました・・・あほ・・・



そう!
またメガネ忘れたんすね・・・・ チーン・・・





でも、ちゃんと見えるんですよ!
0.3くらいありますから!
はぁ。。。。





でも、この目の悪いゆうですら、ちゃんと歌ってる顔が見える距離でした






もう、ここからは、必死にペンライトをふり
はね(ホントはいけない・・・でも、体が勝手に・・・)
タオルをまわし・・・






もう、プチ・・・・






bootcampelite.jpg

ブートキャンプ状態・・・



手・・・腕が・・・・・@@



日常つかうことのない、二の腕の肉が揺れること・・・@@




最初から最後まで、歌って、
踊って、お客さんを見つめて
元気に笑顔を通した3人がとっても素敵でした!

なんか、エライ完結にまとめやがったな・・・




内容は、そっちのけ、ゆうの心の内やら
行動やらのみで、お送りしております^^;


さ、最後の挨拶もおわり
会場のライトもつき、
キムさんに、ちゃんといえてたかわかんないお礼をいい
(これもちゃんといえてたのかな^^;)
会場を後にします・・・


早く出れた方だと思います。
22時前に電車に乗ってましたから。




12日もようやくおわり!
かと思えば
さすが、ゆう・・・
ドタバタは終わらないんですね・・・・









そう、ドームの後に、ごはんの約束してるんですよ・・・


六本木なんですよ・・・・22:00~の予約なんですよ・・・
先にちょきちゃんとママに行って貰ってるけど、前回も迷子で遅刻したし
一刻も早く行きたいんです!!!




急がないといけないんです~!!!!



ってことで、
駅の構内という構内全て、ダッシュ・・・・



コンサート終わった時点で、疲れきって
「動けないかも?」なんて言ってた自分はどこに行ったんでしょう(笑)


昼に六本木で預けたトランクを持って六本木地下道を走り
階段はほぼ一段抜かし・・・(後ろで見てた人怖かっただろうな・・・)
首都高沿いの道を小走りしながら
息を切らして到着・・・・

やっぱり、30分遅刻・・・



といいながら、

メールで知らせていたより早く着いたゆうにおどろく、ママ

六本木からタクシーに乗ってきた(と思ってる)のに 
いきの上がってるゆうに不思議なちょきちゃん


そして、前回も遅れてきて、また遅れてきたゆうを覚えてくれていた
お店のお兄さん・・・




あはッ♪



そんなに見つめなくても~




いえ、たぶんきっと ゆうものすごい顔してたんだと思います・・・・
こうして、コース料理をいただいたゆうたちは
食べきれないくらいのお料理をいただき
ホテルへと帰ったのでした^^



ポドナムのおにいさん
お料理少し残しちゃってごめんなさいm(__)m
(ほとんど残ってないけど、シメのビピンパは流石に少し残しちゃいました)



さ、ホテルに着いたのが 24:30・・・
これで寝ればいいのに・・・・




まだまだ、つづくぞー!



内容は特にないので
読み流して・・・・



スポンサーサイト
2010.06.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piyopiyoyu.blog41.fc2.com/tb.php/208-667a7a77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。